日々の泡々 主に高橋大輔、フィギュアスケート毒舌日記、あるいはヲタの欲目、またはあらゆるダンス歴15年による


by yu-ri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

【追記あり】Ocean Waves【高橋大輔 もう一つのフリー】

 これをフリーでやっちゃうとしたらかなり難易度の高い
曲かもと思ってしまいました。
あんまりこういう曲を持って来る選手っていないじゃない
ですか、でも多分こういうタイプの曲を出来る選手ってか
なり限られると思うので、そういう意味では良いのかも知
れないけど、リスキーな面も結構ありそう。
 スケーティングはもちろんかなりのレベルが必要だろう
し、その上に上半身の動きの硬い人には向かないだろうし
つまり全身を柔軟に使えないと出来ない曲なんじゃないだ
ろうか、動きが切れない感じ、止まったり詰まったりした
らイメージが崩れそうだ、全部見た訳じゃないけど。
 
 やっぱり一度くらい見てみたいなあ、おクラにはしない
で欲しい。イメージ的にはロン毛が似合いそうな感じ?

 これはなかなか良い動画。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm10660809

 例えば、前にも書きました「カルメン」とか馴染み深い
キャラクターのものって言うのは、見る方にも既にある程
度のイメージがあって、入りやすいし比較的受けやすいと
思うし、誰でも知ってる有名な曲を使うと言うのも同じだ
と思うんですよね。まあ、誰かさんじゃないけどそういう
曲ばかり使うと言うのも一つのやり方かもしれないけど
(それにしてもブーイング起きてたけどねw)何にしても
全くリスクを負わないプロばかりだと新鮮味も無いし、面
白味も少ないですよね。
 そういう意味では前季フリーの「LUV LETTER」の様に同
じフレーズの反復で抑揚の無い曲と言うのは非常に難しい
と思うんです、やっぱり曲がドラマティックだと盛上がり
やすいですもんね。そう言う意味では「Ocean Waves」は非
常にリスキーな曲。モロゾフについていた頃はドラマティ
ックなプロが多く、また大ちゃんもそういうのが得意なん
だろうけど、この手の抑揚の無い曲でこれだけ見せられる
と言うのは、表現力も技術も傑出していないと出来ないん
です。曲がドラマティックだと、意地の悪い言い方したら
「盛上がって当然」みたいな所ってありますからね。
 今まで余りに濃い〜プロが多かった大ちゃんのEXなんで
(笑)物足りないと言う人もいましたが、スケーティング
の美しさや上半身の使い方の美しさ、またちょっとした指
先への神経の行き届き方や首の角度、肩の使い方等が非常
に美しくて素晴らしいですよ。クラッシック的な動きとは
またちょっと違うんですが、動きのセンスとしてはほぼ完
璧と言って良いんじゃないでしょうか。
 その上にあの3Aが来る、失敗しながらもクワド跳んじゃ
うですから、やっぱり応援してしまいます。失敗しても良
いからバンバン跳んだら良いんですよ、「跳べます(キリッ)」
っつったところで、回避してばかりじゃお話にならないで
すし、競技や人前で挑戦していかないと駄目だと思います
しね。
 むしろ、そのリハビリ過程を見せて来たと言うのも一つ
精神的な強さに繋がったのではとも思います。1回競技で
演るごとにどんどん良くなって行くのが手に取る様にわか
る、これはやっぱり見る方にとっても喜びですよ。

 そう言えば、フィンランディア杯にヴァン・デル・ペレ
ンいました?大ちゃんの演技の所くらいしか見てなかった
んで、気がつかなかったんですが、リンクに降りる時にい
た様な……彼は残念ながら引退だそうですが、最後に4-3-3跳
んだよね、天晴だわ、素晴らしいね。
[PR]
トラックバックURL : http://berenice.exblog.jp/tb/11131683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiruko_draclu666 | 2010-05-18 01:50 | フィギュアスケート | Trackback