日々の泡々 主に高橋大輔、フィギュアスケート毒舌日記、あるいはヲタの欲目、またはあらゆるダンス歴15年による


by yu-ri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  さて、現在ヴェレダに落ち着いているワケですが、とにかくあれだけボロボロ剥けていた皮膚が剥けなくなった!で、それでもですね、手に入りにくいとやっぱりダメなんですよね、ドイツの化粧品とかそんなにメジャーじゃないじゃないですか。しかし、何とうちの近所にヴェレダの直営店があった!「何でこんなとこに!?」って言う様な場所(笑)ジュリークが三越に入ってるのは知ってたんですが、ジュリークはお値段が少々お高めで、それはやっぱ続かないからダメなんですよね。今使ってるのは、パルコのROSEMARYで買ったヤツなんですが、やっぱり品揃えが違うので(エステもあるし)その内、直営店にシフトします。私が使ってるのは、敏感肌用のシリーズ。ただベーシックスキンケアしかないので、メイクに関してどうしようか、特に私はファンデ塗らないので、ルースパウダーは必需品。オーガニックでメイクのラインもあって広島でも簡単に手に入るブランド…ありました、ロゴナのメイクラインが東急ハンズに。行って見ると、下の段のスミの方に追いやられてます(笑)お値段も?3.150とお手頃。化粧品に対する基準が厳しいヨーロッパでもドイツはシュタイナー農法のお陰でオーガニックが最も進んだ国らしい、ペットフードに関してもドイツは先進国です、日本はこっちもダメだなー、何でペットフードに着色料とか入れんの?中国製とか言うともう何の肉食べさせられてるやらわかんない感じがして恐いです。しかし、シュタイナーと言うと教育論だけかと思ったら色んなとこに影響してるんですね、偉い人なんだ…
 最近紹介されてるブランドで、まだ日本ではメジャーじゃないけど、ブラジルのフロレスタスも注目株。アマゾンの熱帯植物原料のみ使用、もちろんアンチアニマルテスティング、取り引きもアマゾンの自然に敬意を払える会社とのみ、純利益の5%を森林保全や育成促進団体へ寄付となかなかの硬派。日本にもこういう企業が普通に出てくれば良いのにね。やっぱりその辺りまだまだ日本の意識って豊かじゃないんだなあって思いますよ、まあ、あらゆる面において肝心な問題が後手後手に回されてるから結局そうなるんだろうな。
 ついでと言っちゃナンですが、もう毛皮製品も買わない事にしました。今までに買ったりもらったりしたヤツは感謝して大事に使いますが、新たには買いません。革製品は難しいけど、これも除々にシフトして行ければなと思ってます。まあヴィーガンまではちょっと無理と思うけど(笑)出来るだけね。大体日本じゃ毛皮なんて必要ないし、オシャレならフェイクで十分。2〜3年前から「ラビットファー」と称してやけに安いファーが出回ってて「????」とは思ってたんだけど、オーマイガー!!ですよ、マジで。恐いし悲しいし不気味、もうあんなもの二度と買わねー。前に言ってた頂き物のミンクのロングコートは失礼ながらお返ししました、高価過ぎて頂けないし必要無いし。ハイブランドでも毛皮は扱わない宣言する所が出て来てますし、パリス・ヒルトンも「毛皮買いません」宣言したそうですよ。「リアルファー=ゴージャスでリッチ」なんて意識が早く時代遅れになったら良いね。
[PR]
# by hiruko_draclu666 | 2006-07-03 21:11 | Trackback